プライムハート


お席次表のご記入に関してのマナー
席次表は、ご列席の方が迷わずお席に着くことができ、初対面の場合でもそれぞれのお名前や間柄が分かる、という大切な役割があります。ご列席者の関係性を考えて配席をすれば、披露宴中の話題も弾みます。ご列席の方々はもちろんのこと、お二人にとっても大切な記念になります。正式にご列席をお願いした大切な方々を、失礼のないようにお迎えを致しましょう。
●お席次表を書くにあたって
ゲストお名前や会社名、肩書きに間違いがありますと大変失礼になります。特に旧字や難しい漢字を使ったお名前の方は、返信はがきを確認しながら正しいかどうかを、何度も厳重に確認しましょう。
●肩書きについて
肩書きとは、ご列席のゲストと新郎新婦の間柄を判りやすく端的に表すものとします。下記の表を参考にご記入ください。肩書きにはつなぎの「の」は記載しません。 例:◎新郎友人  ×新郎の友人
主賓・来賓・ご友人の場合
肩書きの組み立て方 →例:新郎職場上司
新郎(新婦) + 職場(または会社) + 上司・先輩・同僚

・ご来賓の方で「職場での肩書きを記載」する場合は、職場名に続き役職名をご記入下さい。 例 ○○株式会社代表取締役社長
・その他の職場関係の方は、上図をご参照下さい。(注)職場の後輩は、後輩より同僚と表現した方が好ましいです。
・主賓・来賓の奥様は「令夫人」、主賓・来賓のお子様は「○○様ご子息」、「○○様ご令嬢」とします。(注)ご友人のお子様の場合は用いません。
・ご友人は「新郎友人」、「新婦友人」とします。「の」はつけません。お子様も同席の場合は、「○○様お子様」とします。
家族・親戚の場合
肩書きの組み立て方 →例:新郎伯父
祖父・祖母
|
父・母 - 父母の兄・姉の場合 伯父・伯母
| 父母の弟・妹の場合 叔父・叔母
兄弟姉妹 - 本人 |
| いとこ※下段参照
甥・姪 |
従甥・従姪
・新郎新婦のお父様お母様からみて、兄は「伯父」・姉は「伯母」
・新郎新婦のお父様お母様からみて、弟は「叔父」・妹は「叔母」
・伯父伯母、叔父叔母の配偶者には、「義」はつけません
・いとこ
本人から見て歳上の場合、男性は「従兄」、女性は「従姉」
本人から見て歳下の場合、男性は「従弟」、女性は「従妹」
・兄の奥様は「義姉」、姉のご主人は「義兄」、弟の奥様は「義妹」、妹のご主人は「義弟」
・兄弟姉妹の子供は、男の子は甥、女の子は姪
・いとこの配偶者には義はつけず、血縁者に合わせます
従兄の奥様なら「従姉」、従弟の奥様なら「従妹」、従姉のご主人なら「従兄」、従妹のご主人なら「従弟」
一般的に父母・兄弟姉妹については「様」を付けませんが、ご結婚されて別の世帯となられた方には「様」をつける場合もあります。最近では、ご両家ご両親のみ敬称を付けない場合が増えてきています。
●敬称について
お子様については,未就学の場合、「様」を付けずに「くん」「ちゃん」とします。席札は席次表と同じ敬称としますので、席次表で「くん」「ちゃん」とした場合には、席札も同じ敬称とします。
通常は「様」ですが、恩師などには先生とつける場合もあります。


会社概要 | 特定商取引法 | 個人情報保護法について | プライバシーポリシー

Copyright (C) Pal Planning All rights reserved.